現在位置:carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > ジープ最新モデル徹底比較:内装・装備

ライバル車比較:ジープ最新モデル徹底比較

クライスラー ジープラングラー

このページのトップへ

快適性UP、装備の充実、トップの新機構などがポイント

シンプルかつタフ、ジープはこれでいいのだ。不満なく使えればそれでよい。質感や収納性の話を強調してもしょうがない。これ以上は望むべくもないだろう。

これまで手動式だったウインドウはついにパワーウインドウとなった。その他、エアコン、エアバッグ、DVDプレーヤー、ESP、トラクションコントロール、サハラにはパワーウインドウ、HDDナビゲーション(4ドアのみ標準、他はオプション)、クルーズコントロールも標準設定される。従来と比べて現代レベルに相応しい進化を遂げた。さらに、補助ミラーをなくすためのサイドビューカメラの設定にも注目したい。ただし、せっかく4ドア車でリアシートのスペースが確保されていながら、そのリアシートの居住性がいまひとつよろしくないことが惜しまれる。アレンジ性を重視したためか、サイズが小さく、クッション感に乏しいため、期待したほど使えないのだ。

オープンの機構については、ルーフが新たに3タイプ用意された点が新しい。2ドアのスポーツとルビコンにはソフトトップ、2ドアのサハラと4ドアのアンリミテッド系にはハードトップが組み合わされる。ソフトトップ仕様はこれまで全部開けるor閉めるしか選択がなかったが、新型ラングラーではソフトトップをサンルーフのように前方のみを開けられる「サンライダーソフトトップ」がオプションで選べるようになった。また、サハラは固定式ハードトップ仕様のみだったが、新型では3分割式となり、運転席上、助手席上、後席上を個別にオープンにできる「フリーダムトップ」が標準装備される。アンリミテッドにもこちらが装備される。

クライスラー ジープラングラーの続きを読む

クライスラー ジープグランドチェロキー

このページのトップへ

高級かつスポーティなコクピット

もともと室内空間のつくりをSUVっぽく感じさせないようになっているのがグランドチェロキーらしい部分でもある。質感は十分に高い。十分な空間が確保されていることを前提に述べるが、他のジープ車と比べるとフロントウインドウは寝ていて、サイドウインドウも絞り込まれており、あまりSUV的な開放的や広々感はない。むしろそれはグランドチェロキーのコンセプトの表れでもあり、堅牢なクロカン4WD車でありながら、高級かつ乗用車的な空間を構築したということなのだろう。

SRT8では、高級かつスポーティな空間が演出されている。高品質のスエードインサート付きスポーツシートが標準装備され、ステアリングホイールやシフトレバーにテクニカルレザートリム、インパネおよびドアトリムにはアルミ/レザーを組み合わせている。オーディオは、ボストン・アコースティック・スピーカーシステムが装備される。

乗り心地について、後席はやや跳ねる傾向があるが、思ったほど不快なものではなく、実用に耐えるものである。

クライスラー ジープグランドチェロキーの続きを読む

クライスラー ジープコマンダー

このページのトップへ

ジープ初の3列シートと十分な高級感

高級SUVとして、ライバルに比べても遜色ない質感を感じさせる仕上がり。あえて無骨なデザインとし、ボルトを視覚的に配するなど、ジープらしいタフなイメージを残しつつ、各部にクロームパーツを配するなど、高級感を演出している。ただし、全体の樹脂パネル自体の質感は、価格帯を考えるともう一歩に期待したいところではある。

ジープ車として初めて3列シートを採用したのもコマンダーの大きなセールスポイントだ。後ろにいくにつれてヒップポイントが高くなるスタジアムレイアウトを採用。2、3列目は前席よりも高い位置で前方視界を確保し、さらに階段式ルーフヘッドルームを採用している。スクエアなフォルムも手伝って、1列目、2列目の空間は、グランドチェロキーとそれほどボディサイズが違わないクルマとは思えないほど広々としている。さすがに3列目となると座面スペースこそそこそこ広いが、ヘッドクリアランスが小さくなる。

2007年モデルでは、木目調パネルのデザインが変更された。また、パワーリフトゲートが標準装備となり、リモートキーレスエントリー操作にてリフトゲートの開閉が可能となった。これは歴代ジープ車として初となる。

クライスラー ジープコマンダーの続きを読む

内装・装備の総評

このページのトップへ

こちらも値段なりであり、クルマの性格分けどおりといえる仕上がりでもある。コマンダーとグランドチェロキーは、あくまで高級SUV。コマンダーはSUVとしての高級感を追求し、グランドチェロキーは乗用車的な高級感を見せている。ラングラーはあくまでクロスカントリービークルであり、軍用車からスタートしたクルマであることを思わせる。それを意図的に強調し、このクルマの持ち味としている。それはそれで期待に応える部分である。快適性ほか、一般ユースにおける実用性が高くなったことは歓迎したい。

文:岡本幸一郎 撮影:原田淳

[ 情報提供:オートックワン ]